忍者ブログ
日々の仕事に役立つと思われる情報やツールなどについて記載していきます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在、所属している会社では「ソリューション」と「受託」の両方を行うと言っています。
さて、そううまくいくでしょうか?私は限りなく難しいと考えます。

ソリューションの方が形見狭いですが・・・なぜ形見が狭いのでしょうか?
・これまで受託しかやってこなかったのでソリューションが想像できない
・受託のほうが売り上げが多い(注:利益ではありません)
・ソリューションに絡む人は「意見」を言ってきてうるさい

3つめは言い方に難があるかもしれませんが私が思うソリューションとは
・自分(達)がやりたいサービスを創出すること
・技術を売るのでなくサービスを提供することで顧客に喜んでもらう

ここで重要なのは「工数(何人月とか)」で仕事をするのでなくサービスに付加価値を見いだし如何に売るかだと思います。
→冒頭の「難しい」という単語はここに絡んできますが、今までやったことの無いことが多く出てきます
・サービスを売る
・見積もりが工数で無くなる
ということは技術も営業も間接部門も全てが思考を変える必要があります。

ではソリューションを成功させるにはどうすれば良いでしょうか?
私が考えることを記載します(間違えていたら御免なさい)
・技術、営業が同じビジョンを持ち成功することを信じる
・1度や2度の失敗で悔やまない責めない
・経営者(社長)がソリューションを行うことを明確に判断する
・目標を共有する(技術目標、営業目標)
などです。
この中のどれ一つできない可能性があるのであればソリューションに手を出すべきでは無いと思います。「他の会社がやってるから」「なんかカッコイイから」「受託が頭打ちなんだよね」とか動機が不純では関係者が不幸になるだけではないでしょうか?

ソリューションを「やる」「やらない」を会社として判断するのは経営者(社長)です。それ相応の覚悟をもって判断してもらいたいと思います。


今回の内容は無駄だから辞めろと取るのでなく成功するために必要なことを行ってもらいたいというものです。


私も早くサービスを提供できる様になりたいと思います。実施するために必要なことを模索しているところではありますがなんとか成功させたいです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
こっそりと覗いてたりするんですが、こっそりもなんか感じ悪いので、足跡でも残そうと思います。

某会社に決定的に足りないところ、それはスピードだと思ってます。あまりにも企業としての機動力が無さ過ぎと感じています。

良くも悪くも、全てにおいて古いんです。

では。
minoru URL 2007/08/12(Sun)17:11:08 編集
» おそらくは・・・
コメントありがとうございます。
古いという言い方も正しいとは思いますが、私が思うに「危機感が全く無い」といって良いのではないでしょうか?子供でも自転車乗る時にこけて乗り方を覚えますがそれが当てはまらないということだと思います。
あと「機動力が無い」というのは「情報共有が全くされていない」ということだと思います。当然のことですが情報が無いのに動くも何もないと思います。まあそのレベルに至っていないとどうしようもないですね・・・
2007/08/12 22:41
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新CM
無題(返信済)
(08/12)
(05/25)
(05/24)
(05/19)
(05/19)
最新TB
プロフィール
HN:
BANBAN
性別:
男性
職業:
関西で働いているSE
趣味:
ダーツ
お問い合わせ:
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
その他

Copyright © [ BANBANの技術記録 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]