忍者ブログ
日々の仕事に役立つと思われる情報やツールなどについて記載していきます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕様書など他の人に対して文章を書いていると良く思うんですが
文章って難しいなあ〜
と・・・

だって言い回し一つで良いこと書いてても悪く取られる可能性があるし悪い情報でも仕方ないなあみたいな感じになってしまいます。

仕様書とか承認を得る資料は非常に大切ですが、それ以上に議事録や普段のメールってものすごい大切だと思います。だって色々な決定にいたる「経緯」が書かれているのですから・・・それが証拠になるわけですしー・・・

って思うのは私だけなんでしょうか?(自信喪失の今日この頃
PR
最近ネガティブなのか色々とよく考えます。
責任感ってなんなんですかね?
・「やれ!」と言われたことをやった
・担当しろと言われたから客先のところも言って話をした
・何をするのかよくわかってないけど頑張ってる
こんな感じなんですかね?
上記のような考え方は私とはマッチしていないので恐らく会話をしたら喧嘩みたいなものになっちゃうかもしれません(注:大人だから我慢しますケド

私が思う責任感は
・相手(顧客)が喜ぶ結果が得れるようにする
・仕事であればビジネスとして成功させる
・携わっているメンバーが心地よく作業できる
・良い情報も悪い情報も共有する ※悪いほうが重要
・自分が担当する分野は信用してもらって任せてもらう
等だと思います
責任感という意味では補足的かもしれませんが
・自分が行動してプラス(成長など)
が大切だと思います

私の考えが間違えてるのかも知れませんが、不信感を持つことがあり「心身によくないなー」と思ったりします
不信感を持たれる段階で「責任感ないんじゃないのー」って思ちゃいます

私は頑張って不信感をもたれない人間であり続けたいと願っています(もう、もたれてたら払拭したい
24日から某お客様のところで対応してきましたが、すごい暑かったですねー
なんていうか例えると「スチームサウナ」のようで、動かなくても汗タラタラでした(本物の汗ですよ)
さて今回顧客で思ったことは
・一番重要なのは運用(業務手順)
だということです。
ではシステムとは?と考えたところ「運用がスムーズ行えるようにするための道具」であってシステムを導入することがゴールではない!
ということを改めて思い直しました。これはシステムを利用する側とシステムを作成する側が共通で認識すべき事項だと思います。
当たり前のことですがこれができていれば凄い便利なシステムが世にうまれそうだと思いました。
最近特に現職を辞めて新しい道へ踏み出したいと思います。
なぜそう思ったのでしょうか?簡単に整理してみましょう
・情報共有のできない会社が嫌
・信頼できない営業方針で仕事をするのが嫌
・新しいことができないのが嫌
・受託が嫌
・目的がわからない仕事が嫌
等々あげていくだけで気が滅入っていきますが・・・
これらを自分なりに解決できるようにしたかも冷静に評価してみますと

◎周りが知らなければいけないことは通知した
×聞く人毎に内容が違うので聞く気が失せた(聞こうとしたが・・・)
△自分の時間を削って勉強しているが不足している
×もう人月仕事はもう・・・
×目的もない仕事なんてありえないでしょう?

ということで・・・
もう仕事変えようと考えました(元々今年中かなとは思ってましたしね)

他人のせいにしているように見えるでしょうか?もう少し自分なりにできる改革は無いか考えてみますが自分の行動を見ていると段々攻撃的になってきているのも感じます。駄目だなーとは思いますがこれまでの試行錯誤による鬱憤などが蓄積されてきているようです。
まあまずは「褒めたり宥めたりしても動かない人には強くでるしかないか?」と悩み中です。。。

さて、どうしたものやら・・・
現在、所属している会社では「ソリューション」と「受託」の両方を行うと言っています。
さて、そううまくいくでしょうか?私は限りなく難しいと考えます。

ソリューションの方が形見狭いですが・・・なぜ形見が狭いのでしょうか?
・これまで受託しかやってこなかったのでソリューションが想像できない
・受託のほうが売り上げが多い(注:利益ではありません)
・ソリューションに絡む人は「意見」を言ってきてうるさい

3つめは言い方に難があるかもしれませんが私が思うソリューションとは
・自分(達)がやりたいサービスを創出すること
・技術を売るのでなくサービスを提供することで顧客に喜んでもらう

ここで重要なのは「工数(何人月とか)」で仕事をするのでなくサービスに付加価値を見いだし如何に売るかだと思います。
→冒頭の「難しい」という単語はここに絡んできますが、今までやったことの無いことが多く出てきます
・サービスを売る
・見積もりが工数で無くなる
ということは技術も営業も間接部門も全てが思考を変える必要があります。

ではソリューションを成功させるにはどうすれば良いでしょうか?
私が考えることを記載します(間違えていたら御免なさい)
・技術、営業が同じビジョンを持ち成功することを信じる
・1度や2度の失敗で悔やまない責めない
・経営者(社長)がソリューションを行うことを明確に判断する
・目標を共有する(技術目標、営業目標)
などです。
この中のどれ一つできない可能性があるのであればソリューションに手を出すべきでは無いと思います。「他の会社がやってるから」「なんかカッコイイから」「受託が頭打ちなんだよね」とか動機が不純では関係者が不幸になるだけではないでしょうか?

ソリューションを「やる」「やらない」を会社として判断するのは経営者(社長)です。それ相応の覚悟をもって判断してもらいたいと思います。


今回の内容は無駄だから辞めろと取るのでなく成功するために必要なことを行ってもらいたいというものです。


私も早くサービスを提供できる様になりたいと思います。実施するために必要なことを模索しているところではありますがなんとか成功させたいです。
HOMENext ≫
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
フリーエリア
最新CM
無題(返信済)
(08/12)
(05/25)
(05/24)
(05/19)
(05/19)
最新TB
プロフィール
HN:
BANBAN
性別:
男性
職業:
関西で働いているSE
趣味:
ダーツ
お問い合わせ:
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
その他

Copyright © [ BANBANの技術記録 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]